花粉症を悪化させる気を付けたい生活習慣!目と鼻のケアはどのように行う?

自分では花粉症対策を行っているつもりでも、花粉症を悪化させる生活習慣によって成果が出ていないケースも少なくありません。最新の対策グッズなどを用いるだけでなく、日頃の生活習慣を見直すことも花粉症対策では必要です。

ここでは、花粉症を悪化させる生活習慣や、花粉症対策になる目と鼻のケアについてご紹介するので、ぜひご参考ください。また、花粉症対策グッズを探しているという方は、ティアラの「微電なごみ」をご利用ください。今までにない、花粉対策スティックで、プレゼントにもおすすめです。詳細はお気軽にお問い合わせください。

うっかりやりがちな花粉症を悪化させる生活習慣

うっかりやりがちな花粉症を悪化させる生活習慣

睡眠不足は花粉症の大敵!

睡眠時間が不足すると、ホルモンや免疫のバランスが崩れやすくなります。その結果、症状が悪化するリスクが高まってしまうのです。

ストレスが溜まっている

過度なストレスは免疫のバランスを崩したり、自律神経の乱れを引き起こしたりして、わずかな花粉にも反応しやすい体質になります。ストレスを感じたら、その都度発散することが大切です。

アルコールの過剰摂取はNG

アルコールは血管を拡張させるので、目の充血や鼻づまりなどの悪化につながりかねません。飲み過ぎにはくれぐれもご注意を。

食生活の乱れに要注意!

脂っこい食事や添加物過多の食事などが多い場合も、花粉症が悪化するおそれがあります。乱れた食生活はアレルギーを起こしやすく、身体に負担をかける要因です。

運動不足も悪化させる要因

運動不足になると体力が低下し、次第に免疫バランスも乱れていきます。それにより、花粉に反応しやすくなってしまうのです。

花粉症対策で実践したい目と鼻のケア

花粉症対策で実践したい目と鼻のケア

目や鼻は花粉による影響が出やすい部分です。花粉症の時期は適切なケアで目や鼻を労わることをおすすめします。

目のケア

目に入った花粉を洗い流しましょう。この際、水道水だと目の細胞を傷付けるおそれがあるため、人工涙液などを使用することがポイントです。さらに睡眠をとる、目をつぶってこまめに休むなど目を労りましょう。また、目への負担を軽減するため長時間のパソコン使用は控え、目がかゆい場合はこすらずに冷たいタオルで押さえます。他にも、花粉シーズンはなるべくメガネを着用し、コンタクトレンズを控えることも花粉症対策の一つです。

鼻のケア

鼻の中の花粉を洗い流すことが大切です。目と同じように、水道水だと鼻の粘膜が傷つく可能性もあるため、生理食塩水などを使用して花粉を洗い流します。また、鼻のかみ過ぎで荒れた場合はワセリンなどで保湿ケアしましょう。十分な保湿や加湿を心掛けることで、花粉による炎症を避けやすくなります。

プレゼントにもおすすめ!花粉症対策グッズ「微電なごみ」

「微電なごみ」は、今までにない花粉症対策グッズです。スティック状のボールペンのような形をしており、先端部分から微弱な電流が流れる仕様になっています。微弱電流によって体内電流の乱れを整える働きがあります。電流といっても強いものではないので、痛みを感じることはありません。

使い方はとても簡単で、素手で持ち先端部分を気になる部分に5秒間継続的に10〜20回あててください。これを一日数回行うだけです。肌に触れる先端部分には純チタンを使用しているため、金属アレルギーの方でも安心してお使いいただけます。

ソーラーパネルを内蔵しているため、ランニングコストもかかりません。「鼻が詰まって夜眠れない」「薬に頼りたくない」「自分に合った花粉症対策がわからない」といった方は、ぜひお試しください。おしゃれなデザインでカラーも豊富なので、プレゼントにもおすすめです。

花粉症対策には、生活習慣の見直しや、日々のケアが欠かせません。それプラス花粉症対策グッズも取り入れたいという方は、ティアラがご提供する微電なごみをご利用ください。また、微電なごみは世界に一つだけのグッズや大切な方のプレゼント選びでお悩みの方にもおすすめです。

マイクロカレントを応用した微電なごみはプレゼントとして活躍します。オリジナル彫刻に対応しており、感謝の想いを刻むことが可能です。ギフト包装のサービスもご用意していますので、お誕生日や結婚記念日、クリスマスプレゼントなどの包装も気軽にお申し込みください。

花粉症対策の情報やおしゃれなプレゼントをお探しなら

会社名 株式会社ティアラ
住所 〒176-0012 東京都練馬区豊玉北4丁目20−3
電話番号 0120-23-8810
URL https://www.tiara-tokyo.co.jp/
事業内容
  • ジュエリー製造・卸し
  • 微弱電流商品製造・卸し
  • ペット関連商品製造・卸し